ボルドープリムール 通販

貴重なボルドープリムールワインを購入するなら通販がお勧め!!

プリムールとは、樽で熟成中のワインを先行販売されたワインで、ワイン好きな方であれば、プリムールワインが好きな方も少なくありません。ここでは、人気の高いボルドープリムールワインについてご紹介します。

ボルドーワインについて

ボルドーワインとは?

ボルドーワインとは、フランスの南西部で作られたワインの事です。フランスのAOCワインと言って、「アペラシオン・ドリジヌ・コントローレ」の略称でワインの原産地の名称の事なのですが、約4分の1のワインの産地がこの地で作られています。ボルドーワインの品質は、中級から最高級のものまで幅広く多彩なワインの原産地があります。現在ではワイン産業として一大拠点であり、赤ワイン7割・白ワイン3割でワインが生産されています。

ボルドーワイン

広大な大地で作られるボルドーワイン

ボルドーワインは、アキテーヌ地域圏のジロンド県全土で栽培されており、5万ヘクタールにも及ぶ広大ぶどう栽培によってワインが産地されています。ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川の流域に広大なブドウ畑が広がり、有名なブルゴーニュ地方で作られるワインと肩を並べる大銘醸地として有名です。
歴史的に昔はイギリス領土だった背景もあって、海外で広く愛されて飲まれており、今も尚多くのボルドーワインが様々な国へ輸出されています。ボルドーワインは、別名クラレットとも言われており、ワインボトルには肩幅の広い形のバーグマン型と呼ばれているボトルが用いられています。
ボルドー地方で作られているワインの多くはAOCが連なっており、ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川、それぞれ3つの河川の右岸・左岸の土壌が異なるため栽培されるぶどうも違うと言う特徴があります。


ボルドープリムール 通販ボルドー現地で直接買い付けたプレムールを楽天通販サイトで見てみる

ボルドーの格付けとは?

ボルドーワインの原産地の呼称制度は、地域名、地区名、村名これらのいずれかがワインラベルに記載されており、地域が限定されていく程に呼称の制限や規制が厳しくなっています。例えば、政府監督機関のINAOによって地域ごとに公式に定められたシャトーの格付けが確立されていますよね。シャトー名の付くワインをシャトーワインと言い、地域、地区、村のAOC名が大きく記載されているワインをゼネリックワインと言います。ボルドーワインの地区名や村名には、AOCがワインの種類ごと付いているケースが多い事が挙げられます。他にも、AOCメドック地区では赤ワイン限定でAOC表示が許されており、この地区で生産される白ワインにはボルドーとワインレベルに記載されます。
このように、「ボルドー」を名乗る地域のAOCは4つ存在し、ややワインの品質基準が厳しい地域のAOCにはボルドー・シュペリュール、地区名のAOCにはメドック、グラーヴ、アントル・ドゥ・メール、リブルネ、ブライ・ブールの5つが存在しており、それらをさらに細かく分けた村名のAOCは30以上存在します。

ボルドーワインの歴史とは?

ボルドーワイン作りは、紀元前からぶどうの栽培の歴史があり、ブルゴーニュと同じくおよそ4世紀頃には有名なワイン銘醸地として地位を確立していた歴史を持っています。12世紀頃になると、ワイン発祥の地として有名なボルドー地方やアキテーヌ地方がイギリス領土になった事で、フランスはイギリスとの貿易が盛んに行われるようになり、フランスで作られた多くのボルドーワインがイギリスに輸出されていた背景があります。このフランスとイギリスの交易は、1アキテーヌ地方が15世紀にフランスに戻された事で終わりを迎えますが、16世紀後半頃には他国とのワイン取引も盛に行われるようになった歴史があります。
1855年にフランスで行われた有名なパリ万博で、ナポレオン3世によってワインの格付けが発案されて、メドックのシャトー格付けが行われます。また、この頃の同時期には、ウドンコ病、フィロキセラ等、壊滅的なワイン生産被害を受けて、偽物ワインの販売が横行していた背景があり、ワインの評判低下被害を防止する為にAOCの制定が行われ現在に至っています。

ボルドープリムールワインについて

ボルドープリムールとは?

ボルドープリムール

プリムール(primeur)は、フランス語で「初めての」「一番目の」を意味する言葉です。一般的に、ワインの「新酒」と言う意味で使用されています。プリムールは別名ヌーヴォー・ワインとも言われており、イタリア産のワインであれば、イタリア語でノヴェッロ(Novello)と言われる場合もあります。
一般的なワインの場合、早く販売されるとしても原料となるぶどうが収穫された翌春に出荷される事が通常です。しかし、ボルドープリムールワインは、通常発酵と異なりマセラシオン・カルボニックと言う特殊発酵法で、ぶどう収穫後数十日で瓶詰め~出荷されたワインになります。

ボルドープリムールワインの特徴は、口当たりが軽くてぶどうのアロマにフレッシュさがあり、ワインとぶどうジュースの中間のような香りや味わいを楽しむ事が出来ます。アルコール度数に関しては、一般的なワインと変わらず大体12度程度の物が多く流通しています。
ボルドーでは、オーク樽の中でワインを熟成させている最中から一般に売りに出されており、 この先物取引の事をプリムールと言う名で呼ばれています。アメリカでは、一般のワイン愛好家の間でもポピュラーに定着しているワインの購入方法です。
プリムールでは、ワインを先物価格で購入するので、通常ワインを購入する時よりも安く入手する事が出来ます。他にも、人気が高くて直ぐ品薄になってしまうシャトーワインも確実に購入する事が可能になります。
実際にボルドープリムールワインが手元に届くのは、樽で熟成期間を経たおよそ2年半後になります。プリムールの投資にはワインという現物が実在し、絶対数が減少する事でワインの価格もアップしていきます。

貴重なボルドープリムールワインの由縁とは?

ボルドープリムールの試飲会には、著名なワインジャーナリストをはじめとする輸入業者、キャヴィスト、 ホテルグループ、シェフソムリエ等、買い付けに関してもプロが集まって、まだ樽熟最中の プリムールを特別瓶詰めされたサンプルから試飲する事の出来る、ボルドーワイン最大のイベントになります。この試飲会に参加する事が可能なのはプロフェッショナルな人のみとなっています。毎年、キリスト教の復活祭が行われる およそ2週間前から試飲会は行われており、試飲会は3日間設けられています。この試飲会には、世界中から人が集まって参加しており、およそ4千人の人々が集客すると言われています。

ボルドープリムール

秋に収穫されたブドウは、各シャトーによって12-20ヶ月のワイン熟成期間を要する為、春の時点ではワインがまだ樽熟真っ最中の場合もあります。熟成後にワインに簡単な処理を行い、 ワインボトルにサンプリングしてから市場に出展します。ボルドープリムールワインは普通の一般的なワインの状態とは異なるので、その試飲とジャッジには一定の経験が必要となります。どの試飲会場も、 テイスターは歯をタンニンで真っ黒に染めながら、各々のペースで試飲を続けていくのです。

価格が上昇するボルドープリムールワイン

通常のワインの場合、この試飲の数週間後にシャトー(生産者)が今年のプリムール・ファースト価格を発表します。発表の日程は決まっておらず、1日に20シャトーの販売価格が発表される日もあれば、ひとつも発表がない日もあります。このボルドープリムールワインのファースト価格が、最もボルドーワインをリーズナブルな価格で入手する事が出来る有利な購入方法となります。このあと季節が夏を過ぎると、今度はワインの価格がセカンド価格と呼ばれる少し割高な価格に変わり、 同年度中には更に価格改定が行われます。また、出荷した翌年に瓶詰めが実際に行われて現物が市場に出てきた時には、ボルドープリムールのファースト価格とは比べ物にならない位、高価格でワインの取引がされると言うのが一般的です。現在では、ボルドープリムールワインは通販でお手軽に購入する事が出来るようになっています。ボルドープリムールワインをお探しの方は、是非、通販サイトで様々なボルドープリムールを探してみて下さいね。


ボルドープリムール 通販極上のボルドープリムールを楽天通販サイトでチェック